2010年07月11日

遠野 石上山


   皆さんのお気持ちが通じました。

   今日の石上山登山は何とか無事に登頂して下山することが出来ました。

   出発前にコメントやメール等で情報や励ましをいただいた皆様に感謝申し上げます。

   今回も先月の六角牛山に続き筋肉痛ですが今回のは心地良い気さえします。

            buro10ishigami.jpg  

   今日の石上山、先に頂上に登られた地元の方の話しでは昨日は雨は

   降らなかったようですが地面が湿り気をおびていてとても滑りやすく

   神経を使いました。


   buro10ishigami2.jpg

   それ以上に神経を使ったのが動物、特に熊との不幸な出会いでした。

   登る途中に数ヶ所で熊の糞を見つけました。

   実は参加の皆さんには下山時の終わり近くにお話ししたのですが馬留の

   手前の水場付近でガスっていたのではっきりとわかりませんでしたが

   黒い物が岩の上にいるのが見えたのです。

   すぐに去っていったようですが動揺させてはまずいと思い下山時まで

   話しませんでした。

   その時の私の心理状態はお察しいただけると思います。

   熊だったかどうかわかりませんでしたが大きな黒い生き物だったのは確かです。

   それこそ「遠野物語」の世界に迷い込んだ気になりました。


   buroishigamiaki4.jpg 

   話しを登山に戻します、この山には数ヶ所に鎖場、鉄梯子(鎖梯子)があり

   これがまた扱いにくいのです。

   写真の鎖梯子なんかは足をかけるところを探すのに苦労してやっとの思いで登りました。

   ほかも似たようなもので神経やら体力、技術もですが使います。

   でも登るきると山頂(三角点のある方ではありません)からは素晴らしい眺めが

   待っていました。

   buro10ishigami3.jpg

   楽しく昼食をとり下山も苦労しましたが皆さんには自信が持てたのではないでしょうか。


   私も皆さんが無事に下りられてホッとして禁酒を今宵、破りました。わーい(嬉しい顔)  

posted by myoujin at 20:28| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

頭の上を雷鳴が


   buro10rokuishi.jpg

   天気予報は大当たりでした。もうやだ〜(悲しい顔)

   今日の六角牛山登山は雷雨の中での登山となりました。

   遠野市街に入って気温を確認したら何と、まだ朝9時前にもかかわらず26度でした。

   気温は上昇していますが大気が不安定ということもあり必ずや雨が降ると思って

   いたところ予想より早めに降ってきました。

   登山開始から30分を過ぎたあたりから降り始め、雨具をつけての

   登山となりました。

   途中から遠くに雷鳴も聞こえ心の中は早く無事に下山せねばと焦り

   始めていましたが他の皆さんを動揺させるわけにはいかず葛藤のしっぱなしでした。

   この山に登られた方はご存じの様に四合目を過ぎてから急登が続きます。

   この雨の中を急登を登るのはとても体力を使いました。

   ですが幸運にも山頂に着く手前から雨も止み、ガスも少しの間ですが

   消えて遠野市街を見ることができました、一枚目の写真です。

   本来ならばここ、山頂で昼食ということになるのですが雲行きも怪しく

   なってきたので、軽い食事をとってすぐさま下山にかかりました。

   今日の悲劇はここからでした、下山にかかって間もなく激しい雨が降ってきて

   それも例の急登を下山時にでした。

   帰宅してからその時間の雨量を確認したらば1時間あたり28ミリと

   いう激しい雨でした。

   頭上では雷も鳴り始め戦々恐々の下山となりました。

   私も、皆さんも何度転んだことでしょう、今もおしりが痛いです。ふらふら

   それでも何とか車にたどり着きましたが帰ってからの洗濯が  皆さんも

   大変だったと思います。

   久々に緊張した登山を経験しました。

   buro10rokuishi3.jpg
   buro10rokuishi4.jpg

   入浴の後、今話題のパワースポットといわれる「卯子酉様」に寄り

   願い事をしてきましたが赤い布は結んできませんでした、でもお賽銭は

   ご縁があるようにと5円を納めてきました。

   その次に寄った道の駅のテラスからは六角牛山が見えましたが山頂は

   ガスに被われて見ることができませんでした。

   来月は遠野三山の二山目石上山です、またもや急登あり鎖場、梯子ありと

   気を抜けませんが何とかお天気だけもと願っています。

   




   
  

    

   

   
タグ:六角牛山
posted by myoujin at 21:49| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

原台山山開き会


     またもや久々の良いお天気です。

     今日の岩手県のトップニュースは国道342号の復旧再開通です。

     あの大震災があってから2年で復旧するとは思ってもいませんでした。

     これで真湯須川間は以前同様に通行が可能になりあの賑わいを取り戻すことを

     願っています。

     ですが、今も行方不明の方がいらしたり亡くなられた方々のことや

     生活基盤を失われた方々のことを考えると喜んでばかりもいられない気持ちがします。


     さて、今日の話題は陸前高田市の最高峰、矢作町生出地区にある

     原台山山開きでした。←ポチッ

     最初にも載せたように今年は良いお天気に恵まれ、たしか4,5年振りだとか。

     そして今日は栗駒山の麓から「東北のまん中で写真日記」←ポチッの

     栗太郎様と姪御さんのNちゃんもおいでになり、一緒に山頂まで行ってきました。

     buro10haradai.jpg

     登山道途中からは氷上山、広田半島、広田湾も見えました。

     これをみて山頂からの眺めを期待したのですが時間がたつにつれて

     雲がかかってきたようで少しがっかりでした。

     でも今年も登らせていただいたことだけでよしとしなければなりませんね。

     毎年この日のために忙しい日々を過ごされている地元の方々に感謝申し上げます。

     私たちがこうして気持ちよく過ごすことができるのは地元の人々の

     ご厚意があってからだと思います。

     本当の意味での自分たちの手による山開き会、本当に心が癒されます。

     この筋肉痛も心地よいものに思えてきます。      

     buro10haradai2.jpg

     初めて登られた方は室根山が近くに見えることに驚いていました。

     私も初めての時にはそう思ったので納得できましたが。

     今日を境にお天気は良くなってくるようです、帰ってきてから見た

     NHKのニュースで高田松原海岸のハマナスの話題を取り上げていました

     そして、tatsubo-H様←ポチッもコメントで書かれていましたが皆さんは

     夏をイメージするハマナスやニッコウキスゲは例年ですと5月には

     花が咲き始めるのです。

     今年はニッコウキスゲが遅れていますが間もなくだと思います。

     遠くからこちらに観光に来られた方々はこの花々を見て一様に驚かれます。

     さて、今年の花はどうでしょうか・・・・・・。



     
  
posted by myoujin at 20:13| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

納めの氷上山

      いよいよ今年最後の週になりました。

      身の回りもあわただしくなってきましたが毎年のことながら氷上山に

      今年のお礼と来年のお願いをしに氷上山へ登ってきました、

      今年の山納めもかねてですが。


      buro09fuyuhikami.jpg
      buro09fuyuhikami2.jpg

      登山道の途中には薪が並べて置かれていました、登る人たちの手を借りて

      小屋まで運んでもらおうと思ってのことだと思い、ザックに

      何本かくくり付けて小屋まで向かいました。

      小屋のある祈祷ヶ原は今年も雪が少なかったのですが明日からまた

      雪の予報です、たくさん積もるのでしょうか。


      buro09fuyuhikami3.jpg

      小屋にザックと薪を置き山頂へと向かいました、山頂へ続く道には

      雪はついていたのですが例年より少ない気がします、所々で

      地肌が見えていました。

      雪がたくさんついていた方が高低差が無くなり歩くのには楽なのですが

      わがままというものですね。

      今日登ることを決めたのはお天気の日が今日ぐらいのようでしたので

      あわてて朝でてきたのです、山頂は風が強く、寒かったのですが

      いつもの年に比べるとその寒さも厳しくは感じませんでした。


      buro09fuyuhikami4.jpg

      いつもと違うといえば鹿が、それもホンシュウジカの糞があちこちで

      見られるようになってきました、この山でも増えてきたのでしょうが

      これといった対策もなく手をこまねいてばかりの様な気がします。

      buro09fuyuhikami5.jpg

      東、中、西の御殿と回り終えて小屋に戻りストーブに薪をくべ

      食後にインスタントですがコーヒーを飲みながら今年を思い返しました。

      また来年も無事に過ごせますようにとも。

      来年は遠野三山と岩手山を登ります、私たちの倶楽部では一歩一歩

      地味ですが確実に足を進めていこうと思っています。

      百名山よりも心に残る一名山を。
  
      
      久々の山歩きでしたので筋肉痛に悩まされています、すぐ症状が

      現れるのは若い?と言われますが多分、数日後にはもっとひどく

      なっている気がします。


      そろそろ帰省の方々も多くなってきたようですが天気予報に寄ると

      大晦日、31日から大荒れになるようですのでお気をつけ下さい。

      初日の出を拝むことは難しいかもと心配しています。


      


      


      

       


タグ:氷上山
posted by myoujin at 21:24| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

 原台山の山開き (2009)

  いよいよ、今年も陸前高田市の最高峰 原台山(894m)の山開きが行われます。


  当日は矢作町生出多目的集会センターで午前9時から山開き会が行われ9時半から

  登山開始となるようです。HPここをポチッ


  buroharadaiharu4.jpg

  山頂は360度の展望に恵まれ周りの山々が遠くまで見渡せます。

  山頂では食の匠の方々が作られる100食限定の豚汁も振る舞われます。
  
  お箸やお碗は自分でお持ち下さいね。


  なお、当日雨天の場合は中止となるそうです。

  下山後には近くにある炭の家で入浴もできます。

  私がいつも山に行く場合の参考にさせていただいています

  HP 「やっちゃん日記」様が←ポチッ原台山の山行記を詳しく載せていますので

  参考になさってください。

  では、当日お山にてお会いしましょう。


  それと、お天気になるように皆さんもお祈りしてください。



  

  
posted by myoujin at 22:16| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

春の氷上山トレッキング

  buro09hikamisan.jpg

  今日の昼のNHKニュースをラジオで聴いていたらある芸能人が酔っぱらって

  公園で全裸になって騒いでいて逮捕されたのが一番に放送されました。

  この国はやっぱり平和、それとも・・・・と感じました。

  でも、こんなことで家宅捜査まで行われるとは芸能人だから薬物の

  疑いももたれたのでしょうか。

  こんな酔っぱらいの騒ぎなら何処にもあることだと思うのですが。

  私は経験していませんが以前だったら一晩、酔いが覚めるまで警察署で休んでから

  きついお灸を据えられて解放されたと思うのですが騒ぎすぎでは。
  

  さて、話が本題からそれてしまいましたが、今度の5月2日に氷上山トレッキングを

  急ですが企画しました。

  参加者はこのブログにおいでいただく方々や気仙エコ倶楽部のお得意様限定です。

  私がお誘いのメールをお送りした方もいらっしゃいますがこのブログ繋がりの方は

  歓迎いたしますので、メールでお問い合わせして下さい。

  コースはガイド本には載っていませんがスズランコースから登ります。


  buro09takatashigai.jpg

  途中の稜線からはこんな風に陸前高田市街が見えます。
  

posted by myoujin at 20:56| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

強風の氷上山とカメムシ

 今日で3日連続、風雪と寒い日が続いていますがやっと念願だった

 氷上山への今年の山納めに行ってきました。

 こんな強風で荒天でしたが私以外にも登られている方々がいらして

 踏跡が残っていたのでホッとしながら歩くことができました。


 天気がよければ山頂からの雄大な景色を見ていただきたかったのです

 が、いかんせん、このお天気、私の念力?も通じませんでした。


buro08nenmatsuhikami4.jpg

 いつもこの山に登ったときに撮る定点場所ですが東の御殿の先には

 広田半島と太平洋が望めるはずでしたがご覧のように吹雪で見えませ

 んでした。


 山頂での写真撮影も強風と寒さの中でサッとすませて下山にかかり、

 中の御殿とそして、祈祷ヶ原を経由してまた登りのきつい西の御殿を

 お参りしました。


 山小屋に入り湯を沸かし食べたカップ麺(味噌あじ)がとてもおいし

 く感じられました。

 先に登っていらした親子、お二人とも小屋で合流し楽しい話をするこ

 とができました。
 

buro08nenmatsuhikami.jpg

 2枚目の写真は落ちてた栗の実が雪玉になっていました。

 で、今日の災難ですが下山中に何かカメムシのあのニオイがどこから

 か匂ってきてもしかして小屋の中で脱いで乾かしていた上着にでも

 付いていたかとおもい途中で脱いではらったりしましたがどうしても

 ニオイが取れず帰りの車の中は最悪でした。

 自宅に着き服を脱ぎあちこちとニオイの元を探しました。

 解りました。ザックの底にあのニオイが・・・・・・。

 小屋でザックをおろしたときに下にでもいたのでしょう。

 とにかく着ているものからはじめ、みんな洗濯しました。


 最後の最後にもトホホな一日でした。

 最後までカメムシに縁があるとは。


 登山道の状況ですが深いところで約2、30センチの積雪でしたが

 今現在も大船渡市の平地では雪が降り続いていますのでこの分だと

 山は相当、積もると思った方が良いと思います。

 新春登山をなさる方はじゅうぶんな冬装備が必要ですので油断なさら

 ない様にして下さい。

 

 
 
 
posted by myoujin at 19:28| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

想い出の吾妻小舎

 ネットを開いていたら福島県の吾妻山(一切経山)で噴気が高さ

 300m以上に達したと出ていました。

 今のところ噴火の恐れはないとのことで安心しました。

 一切経山は私にとっては良い意味でと悪い意味での両方の想い出が

 ある山です。


 悪い意味というのは山の環境が悪いとか管理が悪いの意味ではなく

 あくまでも私的な印象です。

 この山には二回登っていますが初めて登ったときは前日に磐梯山と

 安達太良山(ゴンドラ使用)の二山を登り浄土平の大駐車場で

 車中泊をしているときでした。

 深夜に何台もの車がやってきて、(今思えば、峠を攻めるローリング

 族?かも)私の止めた車の後で音楽を大音響で鳴らしタイヤをきしま

 せながら猛スピードで走り始めました。

 私は車の中でどうすることもできずただ通り過ぎてくれるのを願うだ

 けでした。

 帰ったかなと思いホッとしているとまた次の車がやってきて同じ事が

 何時間にもわたり、明け方まで続きました。



 本当に生きた心地がしませんでした。

 あのとき参考にした本には建物の奥の舗装されていない方に駐車した

 方が良いと書いてあったのはこのことがあったからかもしれません。

 ほとんど一睡もできずに登った一切経山は雨と霧でさんざんでした。
 

 後から詳しい人に聞いたら夜間は通行料が無料になるのでやっぱり

 若者たちが峠を攻めに来るのだそうで地元でも問題になっていたそう

 です。


 それで印象が悪かったのですが二回目に訪れたときにはガラッと良い

 方に変わりました。


buroazumakoya.jpg

 それはこの山の近くに吾妻小舎(あづまこや)という日本の山小屋の

 中でも上位にランクされる山小屋に泊まり小舎を管理運営されている

 ご夫妻の温かいもてなしに感動したからです。

 北アルプスのような多くの人が泊まれる規模ではないのですが本当に

 心暖まるもてなしを受けました。

 この小舎に来る人がリピーターが多いというのもうなずけました。

 またここで結婚式を挙げられたカップルもいらっしゃるそうです


 buroazumakoya4.jpg

一枚目の写真は吾妻小舎の建物で二枚目が私が眠れない夜を過ごした

 浄土平の駐車場です。


 buroazumakoya2.jpg

一切経山の山頂からは三枚目の写真の様な魔女の瞳と言われる五色沼

 がのぞめます。

 今は小舎のご夫妻とは年賀状のやりとりだけになりましたが二回目に

 登った後にこちら、三陸にきていただき五葉山にご一緒したのが私の

 山での良い想い出になっています。

 まだ、お奨めの谷地平に行ってないのが心残りです。


  
posted by myoujin at 21:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

膝笑う 石上山の秋

 一週間前の三ツ石山の紅葉も大満足でしたが阪神が優勝を逃した

 ショックもあり自分に「喝、活」を入れるために?今日も秋の山に

 向かいました。

 遠野三山(早池峰山・六角牛山・石上山)の石上山に登ってきま

 した。

 この山は修験者たちの修行の峰でもあったらしく思いの外手強く、

 また趣のある山でもあります。


buroishigamiaki.jpg

この鳥居を抜け山頂へ向かいます。 

buroishigamiaki2.jpg
 


急登途中のブナの大木です。

buroishigamiaki4.jpg

 そして鎖場と鉄ハシゴが数ヶ所、これがまたスリル満点です。

  buroishigamiaki5.jpg
 
 苦労して登った甲斐もあり山頂では壮大な景色に出会えました。

  buroishigamiaki6.jpg

 わかりますでしょうか、寺沢高原の向こうにかすかですが、岩手山が

 見えます。


buroishigamiaki7.jpg

buroishigamiaki8.jpg

 上二枚が今日の私のお気に入りです。

 山笑うの季語がありますが私にとっては今日は「膝笑う」の一日

 でした。


 果たして敗戦ショックからは立ち直れるでしょうか?
posted by myoujin at 19:52| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

三ツ石山 秋

「気仙エコ倶楽部」主催の「エコなトレッキング 三ツ石山」←ポチッ

 は最高の景色とお天気に恵まれました。

 今回は文は少なく写真を多く載せましたのでご覧下さい。


buromitsuishiaki.jpg

 予想通り網張スキー場のリフトを利用したコースを行く人たちで

 駐車場はすごい混みようでした。
 
 私たちはそれを避けて多少の車道歩きを覚悟しながら奥山道へ向かい

 ました。

 車道コースからは烏帽子岳(乳頭山)がきれいに見えました。
 

buromitsuishiaki2.jpg  

登山道途中から見えた山頂前部の紅葉がきれいでした。

 buromitsuishiaki3.jpg

 三ツ石山荘を過ぎ山頂へ向かう途中から岩手山への山並みが

きれいにみえました。一番奥が岩手山です。

見る向きによって形が違ってみえます。


buromitsuishiaki4.jpg 

三ツ石山山頂です。写真のように風が冷たいので皆さん一枚上に着て

 います。当然私たちも同じように体を冷やさないようにして昼食をと

 りました。


buromitsuishiaki5.jpg

 昼食は山頂部と山頂直下部の広場はたくさんの人が休んでいましたの

 でそれを避けて縦走路をたどり西側へ向かいました。

 そこから見た小畚山方向の紅葉も素晴らしかったです。


buromitsuishiaki6.jpg 

もう高い山はこんなに紅葉を始めています。 

 このブログにおいで下さる方々の中には体が不自由な方や高齢で体力

 的に登るのが無理な方々もいらっしゃいます。

 この写真を見て里より一足早い裏岩手の紅葉をお楽しみ下さい。


 buromitsuishiaki7.jpg

下山後にはいつもの通り温泉で疲れを癒して帰路についたのですが

 参加された方からおいしいアイスクリーム屋さん←ポチッがあるとの

 話を聞き寄ってみました。

 行列ができていましたが(それもほとんど女性)私も向学?のためと

 思いながら恥ずかしながら並んで買い求めました。

 本当においしかったです。行列ができる訳がわかりました。

 気仙エコ倶楽部ではこんなオプションもたまにあります。

 山歩きよりもこれが楽しかったりして・・・・・
posted by myoujin at 08:36| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

登山の日

 車のラジオをかけたとたん聞こえてきたのは今日は「登山の日」

 いう言葉でした。

 知りませんでした、有名な登山家がどこかの山に登った日からつけ

 られたのかと思い調べたら単なる語呂合わせでした。

 (十:と 三:ざん)  なんか気が抜けました。
 


 でも、これがいい機会なので前からいつかあげようと思っていた

 お気に入りの写真を載せようと思います。

 中にはフィルム写真をスキャナーに読み込んだものもありますので

 ご容赦ください。


buroyamanohi9.jpg



槍ヶ岳の麓の小屋の窓から見えた夕景です。この景色は今も忘れられ

 ません。


buroyamanohi.jpg

ボルネオ島マレーシア領にある世界遺産のキナバル山です。

 ご承知の方もいらっしゃるかもしれませんがこの山では世界最高峰

 での山岳マラソンがおこなわれています。

 私たちは二日かけて登ったのにマラソン参加者の速い人は数時間で

 登って下りてきます。鉄人と呼ばせてください。

 ちなみに私のあるメルアドはこの山名から一部もらいました。


 赤道近くにあるのですが4000mを超えるとさすがに寒さを感じ

 ました。


buroyamanohi10.jpg

 三枚目は多分、紅葉の時期の那須の茶臼岳だったと思います。

 前日は秘湯の三斗小屋温泉に宿泊して野(露)天風呂で汗を流し

 ました。


 で、遠くの山ばかりUPしましたが近くにもいいお山があるのです。

 
 buroyamanohi5.jpg
  
 そのお山は氷上山です。自宅から車で30分もあれば登山口までいけ

 るので私とっては一番親しみのある山です。


      今は私のホームグランドです。

いよいよ今度の日曜日は「三ツ石山エコトレッキング」です。

高い山は紅葉が進んでいるという情報ですが、お天気もまあまあの様で

すので充分楽しめると思います。

 では行ってきます。(まだ早いですね)
タグ:登山の日
posted by myoujin at 21:11| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

2008 十六夜日記

 昨夜は十五夜でしたが残念ながら雲がかかって月を見ることができま

 せんでした。

 そして今夜は十六夜(いざよい)の月を愛でようとしていますが

 今度は雨が降ってきました。

 今夜も残念ながら名月を見ることはできないかもしれません。

 今日は一週間前の「エコなトレッキング遠別岳と安家森」←ポチッ

 激しい雨のために消化不良気味だったので地元の氷上山に登ってきま

 した。


08akihikami4.jpg


 先日は雨のために撮ることができなかったウメバチソウの写真も撮り

 ました。

 氷上の山も今は秋の花が咲き始めています。


08akihikami2.jpg

 
 
 二,三年前に倒れた松の大木には新しい命が宿っていました。

 朽ち果てても次の命のために役立っているのが自然の習わしです。

 人間の世界(特に政治)でも見習ってほしいものです。


 そして、今日もこの山で多くの人たちに出会い、いろいろな話を伺うこ

 とができました。

 これからも、この一期一会を大事にしていきたいと思います。
 
posted by myoujin at 18:23| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

原台山の山開きですよ

 いよいよ、陸前高田市矢作町生出の郷、原台山の山開きが

 近づいてきました。


 25日の日曜日、午前9時から山開き会が行われ9時30分から

 登山開始となります。詳しくは ポチッ→こちらを

 昨年はお天気に泣かされましたが今年も心配です。


 今回初めて登山整備に参加させていただいてどんなに大変かがわか

 りました。

 整備に携わった人たちの労苦に報いるためにも何とかお天気が

 いい方へ向かってほしいものです。

 今年はちょうどツツジもアズマギクも一緒の時期に開花をむかえて

 私の予想だと山開き当日は双方とも見頃を迎えているのではと思わ

 れます。
 

buroharadaiharu9.jpg

     この山頂はたくさんのアヅマギクと大勢の登山客で賑わう

      ことでしょう。

                                            buroharadaiharu7.jpg

 このフデリンンドウも咲いていますので見つけてください。
 

       明後日、天気にな〜れ。 

 
  
posted by myoujin at 20:29| 岩手 | Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

原台山登山道整備が行われました

 今日18日は陸前高田市と一関市大東町にある原台山(894m)

 の登山道整備が行われました。

 25日の山開き会、トレッキング会(←ポチッ)にむけて毎年行っ

 ています。

 私もここ数年ずっと山開きには参加させていただいていたのですが

 今年は私たち、気仙エコ倶楽部の企画(←ポチッ)のため参加でき

 ないために少しでもお役に立てばと思い(全然、役に立たなかった

 と思いますが)刈り払いに参加させていただきました。
 

 ちょうど今年はツツジの開花時期と合ったようで鮮やかな色で

 出迎えてくれました。

 山開き、当日も訪れた皆さんの目を楽しませてくれるのではない

 でしょうか。


buroharadaiharu2.jpg

 
回参加してみて、私たちが歩く登山道は多くの善意の人たちに

 よって守られていることがよくわかりました


 歩きやすい道と思っていた陰には多くの方々の汗がありました。

 今回、整備をなさった方々です。本当にご苦労さまでした。


buroharadaiharu6.jpg

写真には写っていませんが生出地区コミュニティセンターの事務局

 を任されている菅野様もいらっしゃいます。お疲れ様でした。


 25日の山開きは、お天気もよく、たくさんの人が訪れることを

 期待しています。

 生出地区の子供たちには毎年ですが大人たちが励まされています。

 

 



    


  続きを読む
posted by myoujin at 19:58| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

気仙エコ倶楽部 雪の氷上山

予てから告知していました

 気仙エコ倶楽部主催の「雪の氷上山を歩いてみよう」を催行

 してきました。

 ご参加いただきました皆様、またHP,ブログでご紹介して

 いただきました皆様本当にありがとうございました。

 また、快く駐車場をお貸しいただきました施設に感謝申しあげます。


それでは本日の様子をご覧いただきます。

ご存じのように西日本、関東に雪をもたらした低気圧の影響でこちらも

久々の雪に見舞われました。


burokeseneco.jpg

  写真は今朝出発前に道の駅から撮したものです。

  ご覧のように麓まで雪に覆われました。

  内心では歩くのは大変かもと少し弱気に・・・・




予想通り、下見の時に比べると明らかに積雪が多く車を止めて

歩き始めてからずっと雪道でした。

ですがこういうときはそれなりに面白いもので雪の風景もまた

いいものです。


burokeseneco2.jpg

 祈祷ヶ原の写真ですがすっぽりと雪に覆われていて

 雪原とよんでもいいくらいでした。



小屋に荷物を置きいざ、山頂へと向かいましたが前回着いていたはずの

踏み跡も見あたらず相当の降雪があったようです。

でもこの雪はふかふか、さらさらで気持ちよかったです。

で、何とか山頂までたどり着き持ってきた双眼鏡で

まわりの景色を見渡しました。

雪の山々が素晴らしかったですが早池峯山は残念ながら雲に覆われて

見えませんでした。

前回書き忘れましたが原台山もきれいに

見えていました。ちなみに鉈のついたザックは私のものです


          burokeseneco5.jpg   

いやぁ〜、雪の氷上山も最高です。

地元の方にもっと登っていただきたい山の一つですね。

 「ふるさとの山はありがたきかな」、心にしみます。

写真をポチッとすれば大きくなります。 
posted by myoujin at 20:53| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

旧正月の氷上山 2008

今日7日は旧暦の元旦です。

今度の企画の下見をかねましてスタッフの大和魂様と登ってきました。

buroyuhikami5.jpg

 氷上林道が整備されて車で簡単に行けるようになりましたが

 今回はゆっくりと時間に余裕をみながら「太郎杉、次郎杉」を眺める
 
 ことのできる中央コースに向かいました。

 この杉はいつ見ても逞しさと生命力を感じます。



祈祷ヶ原では所々地肌も見られましたが雪は締まっており意外と歩き安かったです。

buroyuhikami2.jpg
 
 写真は小屋前から見た祈祷ヶ原ですが雪の多いときには

 笹の葉も見えないのですが今年は雪が締まったのか

 少ないのかわかりませんが葉が見えていました。

 

山頂までの道程は例年雪が吹き溜まりになっているところがあり覚悟し

て向かったのですが雪に足を取られることもなくすんなりと登ることが

できました。


山頂からは五葉山、室根山、早池峰山、種山ヶ原等が見渡せました。

山頂部ではまわりの木々を刈ってくれていたので以前より視界がいいよ

うです。

当然、いつものことながら東の御殿、中、西へと御殿に詣でまして今年

の企画の成功と皆さんの幸せも祈ってきました。(私のもね)


buroyuhikami.jpg 

 写真は山頂から見た五葉山ですが木々がないおかげで

 全体がよく見渡せました。

 「ふるさとの山に向かっていうこと無しッ」という感じです。
 



     あとは11日がお天気になるように祈るだけです。

     それこそ神頼みですが皆さんも祈ってくださいね。   

posted by myoujin at 21:45| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。